今になって年季入りの「ナショナル」製品が出てきて吹いた

NO IMAGE

2008年10月、松下電器は「パナソニック」になりました。多分「ナショナル」ってのは死語あれから6年以上経った2015年2月。こんなハンドクリーナーがいきなり出てきた。松下電器も色々とブランド名があり、こういった製品は「ナショナル」ブランドだったな。嗚呼懐かしや。

しかし製造が「1986年1-6月期」と言うのは物持ちが良すぎる証。言うまでも無くメーカー側の部品保持期間は終わっている筈だ。それでも故障なく来ていると言うのだから大したものだ。

で、ちと気になって調べてみたんだが、パナソニックになった今も、ハンドクリーナーを製造・販売しているようだ。でも時代は変わり、ノズルは抗菌・イオン仕様に。PL法とか言っていない時代のお品だ、これ。

まぁ、肝心なのは「長くきちんと仕事をすること」でしょうな。

で、これは自分自身の持ち物では無く、特に大人になってからはハンドクリーナーを買おうと思ったことが無い。恐らく、あれば便利なんだろうけど、パワー不足だとか、後始末が大変とか、色々言いそうでね。

なら、普通の掃除機でイイよ、と。

とは言え、今は亡きブランド「松下電器(ナショナル)」製ってのは珍重に値するアレだな。これ以外の同ブランド商品は手元に無いと思われるが。

PAGE TOP