東京・府中市のゆるキャラ「リサちゃん」のトークスキルを解明せよ

NO IMAGE

府中市の広報誌で電話に挑戦する「リサちゃん」。

P1010978

うん、不自然やろ、これ。受話器が耳にも口にも届いていないと言う有り様。電話をかけたのか、電話がかかったのか分からないが、話の内容も無茶苦茶じゃなかろうか? と案じるところ。

府中市の嘱託として、

「おかけになった電話は現在使われておりません」

とか言っていても不思議ではない…ゃ、それでは府中市が困るやろが。かと言って

「はぁ~い、私、リサよ」

って、昔懐かしの「リカちゃん電話」みたくやられていても困る。ってか、何の話をしてくれるんだよ!?って話だったりもする。案外、好きな食べ物とか語ってばかりで、市の広報が務まるとは思わないのだが。

ちなみに「リカちゃん電話」はかけたことが無い。

しかし、リサちゃんは日本語を話してくれるかどうかも分からない。

「※●@□?:/#★」

となられても困る訳だ。かと言って

「お電話ありがとうございます。本日はどのようなご用件でしょうか?…さようでございますか、それは大変でしたね…」

と、テレオペの模範となるような喋りをするとも思えない訳で。物凄くタメ語激し目では無かろうか? と。

リサちゃんに電話を任せるのは無理があろう。

そんな訳で何故か3日に渡って綴ってみた、リサちゃん。今後さらに暴走をするのでは無かろうか? と感じているところ。これからも勝手に動向を追ってみようかしら。

PAGE TOP