セラピー界の「アメブロ」のはびこり方に失笑

セラピー界の「アメブロ」のはびこり方に失笑

猫も杓子も…なんでしょうかね?

世の中、色々な「セラピー」がある。「アロマテラピー(アロマセラピー)」「カラーセラピー」「アートセラピー」「ミュージックセラピー」…「セラピー(療法)」って付けば、何でもござれなのかしら?

で、前回のブログでガッツリと触れた「マインドブロックバスター」。一応、ブログ上で説明するにあたって公式ホームページを見たんだけど、そこで紹介された開発者や講師などの一覧を見てゾッとした。

アメブロだらけ!!

やー、ホント凄かった。皆様「アメブロ(アメーバブログ・Ameba Blog)」以外のブログをご存知無いのかしら?と言いたくなる位。蔓延(まんえん)状態と言っても良い位だね。

Webサイトで紹介されていた複数のブログを拾い読みしてみたものの、何か代わり映えが無いんだよね。筆者も本当に違うの?と思う位の金太郎飴状態。

実は何も「マインドブロックバスター」に限ったものでは無いんだよな。

オイラが取り扱っていたり、過去に触れたことがあったりする「カラーセラピー」や「カードセラピー」でも、アメブロのオンパレード。他社でブログを運営している方を見たら「よくやった」って言う位だもんな。

中には、ある「セラピー」のまとめブログをアメブロで展開しているケースもあり、見識の狭さにただただ頭が痛くなるばかり。結局は「アメブロ」の中でしか見ない「井の中の蛙大海を知らず」の典型でもあったなぁ。

オイラはかつてlivedoor blogで展開してきた。過去にとあるイベントで「え〜っ? アメブロじゃないんですかぁ!?」と小馬鹿にするような口調で客に言われたことがある。

しかし、オイラのもとを訪れる方の多くが「反アメブロ・非アメブロ」というスタンスのようで、「アメブロ利用者でないこと」で新たな客層を掴むという実体験を持っている。

実際のことを言うとだね、アメブロを個人的(私的)に使う分には問題無いと思うよ。しかしだね、今回取り上げている「セラピー」や「セミナー」の案内で使う分には重大な問題がある。

大抵の場合、そういったブログを綴っている方は、そのセラピーなりセミナーなりを「商売道具」として使っている。つまり、ブログを「商用利用」していることに他ならない。

Ameba利用規約の「第13条(禁止事項)第4項の(4)」には、アメブロを運営する株式会社サイバーエージェントの承諾のない商業行為を禁じる旨が明記されている。

doTERRAやアムウェイ、ヤング・リヴィングなどのネットワークビジネス(マルチ商法と言っても良いや)は明確に禁じられているが、「承諾のない商業行為」が何もこうしたビジネスに限られることは無い。

堂々と商用利用をするのは難しいだろうねぇ。

2018年12月にアメブロの商用利用が解禁となったが、別途設けられたガイドラインを見ると「購入者に誤解や損害を与える恐れのある内容の投稿や商品・サービス等の販売、宣伝」が禁じられている。

マインドブロックバスターにおいては「3分で1個、心のブロックを解除」という触れ込みがあり、そこから「3分で1個、解除出来なかったらダメだよね」という解釈が可能である。

上記のことから、この触れ込みはガイドライン違反に当たると考えられ、記事の削除やアメブロからの退場が求められても文句が言えない案件であると言えよう。

他にも、商用利用ガイドラインで禁止事項が明記されているので、しっかりと読み込んで遵守することを肝に銘じるべし。

もし、アメブロを見ていて「この記事は明らかに規約違反だ」と気づいた場合には、その人のためにも是非「通報」して差し上げよう。アメブロ会員で無くても通報は可能だ。

冒頭に、アメブロで展開されるセラピー関連のブログが「金太郎飴状態」と綴った。何だろう、自分の言葉で綴るってことが出来ないと言うか、言われたことを真に受けると言うか…幅が無いものが多いよなぁ。

これが他社のブログを利用している方のものになると、同じことを取り上げていても、ものの見方や表現に幅が見えてくるんだよなぁ。そういったブログは確実に人を掴むだろう。

売り込みたい商品やサービスがあるのに、同じブログで同じようなことを綴っていたら、見向きもされないだろう。見識を広げた上で、まっとうな手段で手堅く行くのがイイんじゃないの?

PAGE TOP