「むさし」の「ゆずみぞれうどん」は定番化を希望∫∫∫ ◥█◤

「むさし」の「ゆずみぞれうどん」は定番化を希望∫∫∫ ◥█◤

是非っ、一度っ、お越しくださいっ!!

P1010913…の掛け声でお馴染みの広島の銘店「むさし」。その中の「新幹線店」で、冬季限定おぼしきメニューを発見した。それが、写真の「ゆずみぞれうどん」。

文字通り、柚子の皮や果汁を使い、たっぷりの大根おろしと長ネギ、鶏胸肉、舞茸、人参と共にいただく「鍋」チックなうどんである。本当は「元気うどん」と行きたかったが、メニュー写真を見てこちらに鞍替え。

これ…泣ける位美味しかった。

まず、大根おろしのお陰で鍋感覚でスルスルと食が進んだこと、次に、バサバサになりがちな鶏胸肉がふっくらとしていたこと、そして何より、あれだけ沢山の長ネギが乗っていながら、後味もずっと柚子だったこと。

柚子のお陰で、やや甘い出汁となっており、濃い味付けが苦手な方でも食べやすいのではないかと思う。全部飲み干しても嫌味にならない感じ。

これ、冬至(2014年は12月22日)の翌日に食べたのだが…やっぱり冬至に食べておくべきだったのか? でもまぁ、それとは関係無く美味しくいただけた。

ちなみに、「むさし」のことなので、このメニューは新幹線店のみの限定かと思われる。「新幹線店」とは言えど、広島駅の新幹線口に店を構えているだけであって、乗客でないと入れないと言う訳ではない。

お値段、税込700円…冬季に限ったとしても、他の店舗でも定番化しても良さそうだよ。

広島って、こう言う美味しいものも、案外あったりするんだよね。スポットを当てないと気づきにくいかもしれないが。さぁ、これを再び食すチャンスはあるのだろうか!?