無彩色への傾倒で、まさかの事態を予測してしまったぞ

無彩色への傾倒で、まさかの事態を予測してしまったぞ

ここのところ、持ち物で買うものが無彩色へと傾いている。

無彩色…簡単に言ってしまえば、白・黒・灰色。銀色も入るね。これらに傾いているオイラって、正直どうなんでしょ?

オイラの職業を明かすと「カラーセラピスト」…仕事道具として、色とりどりのボトルやチャートなどを使うのだが、それらと身なりの色がカブってしまうと、お客さんがその色に釣られてしまうのですよ。

これではマズい…と言う訳で行き着いたのが無彩色。一時期、髪色を変えたりしたけど、今は黒染めの念押しをする。化粧っけやアクセサリーは抑えて、服も無彩色。服については後日つづるとして。

過去に買ったものは有彩色だらけだが、今は買おうと思わない。使用中のZenFone5が赤ってのはあるが、結局、白のケースを付けている訳で。徐々に有彩色の服や持ち物は減っていくだろうな。

辛うじて茶色はあるかもしれんが。

先日も黒のペンケースを買った…ワンポイントさえ無いシンプルなもの。年齢が年齢ってのもあるかもしれんが、ようやくそう言った類が自分に合うようになってきた。

無彩色は職業ツールに影響しないので無難かつ安心か。

しかし、色が限られるとなると、お洒落とか出来ないじゃないか?と思われるかもしれない…まぁ、そう言うのに全力疾走する奴では無いので個人的には大丈夫か。でも、案外出来なくはないよ。

そうは言っても、考えあぐねて最終的にこうなってしまわないか?

…んな訳無いか。でも確かに、この4色で見事にバシッと決まるモンなのね。エース・フレーリーのギターの色はアレとしてだが。

しかしまぁ、無難なんだろうな…ゃ、KISSの出で立ちじゃなくて、無彩色の一般的なイメージがね。この傾向はいつまで続くか? そして、それが元で、どれだけの物が変わっていくだろうか!? 気にかけたいところだ。

PAGE TOP