【音声通話も格安SIMで】7. さよならau、OCNモバイルONE経由でZenFone5へと(終)

【音声通話も格安SIMで】7. さよならau、OCNモバイルONE経由でZenFone5へと(終)

【第6話】はこちら。

結局2台目のZenFone5は未開封のまま取り置くことにした。ZenFone5には電話番号を3つ(内、050番号が2つ)、Gメールのアカウントを2つ、Twitterのアカウントを2つ…これらを1台で十分に管理するだけの力があった。

レッドに白のケース…まぁこれもご愛嬌。しかし、音声通話SIMや複数個の050番号のアプリを積んでいても、充電の減りが緩やか。電話が頻繁にかからないのもあるが、1日で20%しか充電が減らないなんてこともある。

これが、いっぺんにアプリをダウンロードしたり、何かしらのアップデートを控えていたりすると、その減り方は急激だったりする。しかし、近い現象は同社(ASUS)のノートPCで経験済。どちらも再起動で見事に復活するのだ。

ちなみに、2014年12月13日現在でダウンロードしたアプリは下記の通り。

  • 050plus
  • SMARTalk
  • Twitter
  • Messenger
  • Adobe Reader
  • OCNモバイルONEアプリ
  • 楽天でんわ
  • AOSS
  • CM Security

そう、大してダウンロードしていない方かもしれぬ。

この当時「大してダウンロードしていない」と思われたオイラも、あれから5年近く経つと、上記のアプリで残ったものがMessengerのみという状況に。

5年間で、これら以外にダウンロードしたアプリもあるにはあるが、あの当時よりもアプリが少ないことは想像に難くないだろう。

さて、今回は運良くOCNモバイルONEのキャンペーンに乗りつつ、迅速に対応いただけたので、割とスムーズにMNPを完了させられたが、実は転出元のauで思いも寄らぬことが起きた。

ezwebでMNPの予約番号を取り、OCNモバイルONEのカード追加を申し込んだが、その直後にauから1通のSMSが届いた。

MNP予約のお客様へご案内がございます。157までご連絡下さい。受付時間9時~20時

SMS(ショートメッセージ)とは言え、余りにも事務的過ぎるメールだ。何事だろう?と思い、157へ連絡。電話に出た男性オペレーターが「えっ?どゆこと!?」と言わんばかりに困った様子。一旦保留にされ、そこで一言。

「担当部署におつなぎしますのでもう少々お待ちいただけますか?」

担当部署につなぐって、じゃぁ157って案内自体が間違いじゃないか? 部署直通の電話番号を案内しろよ…と、こちらもイライラ。そうこうしていたら女性オペレーターが登場。男性オペレーター同様に狼狽してから一言。

「違約金とかはご存じですね…なら、特に問題ございません」

笑って伝えることだろうか? 電話をかけろってメールよこしといて、散々っぱら待たされて挙句がそれか。しかも、それ以外の伝達事項も無い。

「じゃぁ、そう言うメール自体が必要ないですよね?」とこちらも珍しく噛み付いた。

結局、「貴重な意見として上にあげます」とはなったものの、無駄な時間と労力を費やされたもんだ。その後、アンケートの依頼もSMSで届いたが、答える気にもならず、auへの心象を一気に悪くした最後であった。

auは最後の最後で残念さに包まれたなぁ。

その分、OCNモバイルONE側の対応は良かったように思う。ただ、TwitterなどでOCNモバイルONEの対応の方が悪いという声も幾らかあるようで…オペレーターの良し悪しなのかな、この心象の違いってのは。

まぁ…転出元・転出先ともに心象良く手続き出来るってのは、本来なら当たり前なのかもしれないけど、ある意味で幸運なことなのかもしれないな。

そんな訳で、OCNモバイルONEを介してのZenFone5ユーザーとなったオイラ。金額・機能的に、これまでのガラケー併用生活を大きく上回る快適さを得たように思う。

幸いZenFone5自体の不具合も最初の初期化以降起きていない。

そうなれば、データ通信専用SIMカードも返却だ。今月中に完了させないと、余計な出費になってしまう。通話料やSMSなどが別途かかるが、月額1,728円のスマフォ生活は何だか面白いことになってきたな。

これにておしまい。

その後、色々な事情により、音声通話対応の格安SIMを手放すことになったが、データ通信専用SIMに戻って「格安SIMライフ」は今なお継続中。

また、一時は心象を悪くしたauとの契約も音声通話専用とした「ガラホ」で復活し、結構良い状況で通信が出来ているように思う。時代や状況に応じた見直しは適宜進めた方が良さそうだ。