【音声通話も格安SIMへ】5. OCNモバイルONEへのMNPへと

【音声通話も格安SIMへ】5. OCNモバイルONEへのMNPへと

【第4話】はこちら。

ZenFone5の準備も整い、金額面でもMNPをして損が無いことも分かった。そして、出先から戻って暫く自宅に居られる体制が出来たので、いよいよMNPの手続きに入った。

今回はauからOCNモバイルONEに移ることに。auでは店頭、電話、ezwebでMNPの予約番号を取ることが出来る。あれこれウダウダ引き止められるのも鬱陶しいと思って、今回はezwebで番号取得へ。

詳しい方法は公式サイトをご覧いただくと良いが、その際に必ず、予約番号と有効期限をメモすることをお忘れなく。中々使わない無料通話をここで一気に当て込んだ感じと言えようか。

次にOCNモバイルONEへ連絡。今回は、2015年1月末まで既存ユーザー(プリペイドを除く)対象に行なっているキャンペーンに乗っかるため、電話でSIMカードの追加を申し出た。通常なら、webでも申し込める筈。

ここで、先に控えておいた予約番号や有効期限などを伝えることに。有効期限は7日以上残っていることが条件となる。番号を取って数時間後に電話をかけたので、こちらは何の問題も無し。

その後、あれこれオプションを薦められたが、既に要らないと分かっているものは最初からキャンセル。それとは別にオプションを付けられたが、月内での解約は無料と聞き、調べた上で全部解約済。ってか自分には全く要らなかったな。

さて、手続きの方は、2014年12月4日(木)に行なって、同6日(土)にMNPへの本格手続きに入るとSMSでメッセージ着。

それから2日後の8日(月)の夜にはSIMカードが来ていた…が、受け取り損ねて、結局は1日後の9日(火)の朝にようやく手にすることが出来た。

携帯電話を使えなかったのは都合2日ほどだっただろうか…そもそも頻繁に鳴るものでも無いので、大きく不自由を被ったと言う感じでも無かった。

尚、Twitterなどで見ると、今回のケースより時間がかかっていると言う報告もあるようで、結構飛びついた方が多いのかな?とも思われる。なので、MNPの予約番号を取ったらすぐに連絡するのが安全策かもしれない。

そんな訳で、音声通話SIMカードの到着を待っている間は、2台のZenFone5をいかに活用し、現在使用中のSIMカードを含めて、どう取り扱うかを検討していた。しかし、ここである重大なことに気が付いたのである。

【第6話】につづく。

PAGE TOP