【音声通話も格安SIMで】1. OCNモバイルONEはやってくれた

【音声通話も格安SIMで】1. OCNモバイルONEはやってくれた

思えば2014年は「SIMフリー」に熱狂した1年だった。

“INFOBAR A01″の「使え無さっぷり」を痛感した1月。”Nexus7(2012)”を大ラッキーで掴んだ2月。”INFOBAR 2″と共にニヤついた3月。通称「シャア専用電話」故障につき、”ZenFone5″と”050plus”で並行スマフォ回帰も果たした11月。

出費どんだけしてんの? と思いつつも「キャリアスマフォ」をウダウダ使い続ける無意味さを実感する程、快適かつ効率的な通信網が出来つつあった。

それを支えたのが「OCNモバイルONE」のSIMカードだったのだが、唯一大きな要望があった。それは「音声通話SIMを早く発表して欲しい」と言うこと。これがあれば、INFOBAR 2も素直に御役御免にさせることが出来たのだ。

INFOBAR 2自体は大好きな機種である。しかし、製造から7年経過したことで部品保有期間が終了。電池が切れるか本体が壊れるかすれば、その時点で嫌でもお別れになってしまう運命となっていたのだ。

実は既にボタンが取れて瞬間接着剤で固定するなど騙し騙し使っていたこともあり、2年縛りが解ける2015年12月まで持たないような気がしていた。よって、早い段階で代替機を買う必要はあった。

しかし、ガラケーへの機種変更でも4万円近く飛ぶことが不思議では無くなった時代だ。他社で販売されている音声通話SIMに一定の評価が得られるようになったことで、「MVNOへのMNP」も視野に入れるようになっていた。

更に、新たに買ったZenFone5が期待以上の働きをすることもあり、それをもう1台買って音声通話SIMを入れて運用しようと思うようにもなっていた。

そして時は来た。

2014年12月1日(月)、遂にOCNモバイルONEでも音声通話SIMが発表になったのだ。基本使用料は1,728円(税込)からと言うのは他社とほぼ同じ。しかし、最低利用期間が6ヶ月と非常に短かったのだ。6ヶ月経過すればMNPを除き無料で解約出来る。

更に、050plusの基本使用料が無料になり、容量シェアにも対応。既に加入している方向けには2015年1月末までの期間限定でカード交換手数料無料キャンペーンも開始したのだ。

これは乗るしかない。そこで、既存のZenFone5も含めて音声通話SIMに切り替えるか、また、買い足すZenFone5をどれにするか、などと言った検討に入ることにした。

【第2話】につづく。

PAGE TOP